チュニジア,トルコ 旅行記 -35- 考古学博物館① 8/9
今日は,いよいよ自分でレプリカを作成したパン(牧羊神)の
モザイク画の実物と対面する日.

旅行も終盤で,チュニジアやトルコの
暑く熱い日差しで疲れ気味で足取りは重いですが,
心は軽やかにホテルを出発しました.
c0056957_1119857.jpg





パンのモザイク画がある考古学博物館は,トプカプ宮殿の隣にあります
が,観光SPOTとしては,かなりマイナーで,ガイドブックを見ても,
獅子の兜をかぶるアレキサンダー大王の石棺が見所程度で寂しい感じ.

名前の通りエジプトやメソポタミアなどの遺物,出土品が展示されて
いましたが,まず目をひいたのが展示品ではありませんが...(汗),
イスラムの展示の建物のステンドグラス.

白壁の中にイスラム独特の幾何学模様で飾られたステンドグラスに
朝日が差し込んで来ていて,感動的な美しさでした.
偶像をごちゃごちゃ描かず模様の美しさを追求して
何百年に渡って洗練されたイスラム美術の真価を垣間見れました.
c0056957_11194177.jpg

トルコあたりの古代の出土品だったと思うのですが,
手足細く体がずんぐりした土製の人形のなんとも
すっとぼけた感じが,とても気に入って,ずっと眺めていました.
モザイクのパン(牧羊神)に通じるものがある...
c0056957_11202440.jpg

[PR]
by kenek7974 | 2009-11-03 11:24 | チュニジア・トルコ旅行
<< 山形県 酒田の写真 チュニジア,トルコ 旅行記 -... >>