チュニジア,トルコ 旅行記 -38- 最終日  8/11
いよいよ最終日。このホテルは、朝食を食べながら見る
屋上からの景色が最高でした。イスタンブールの旧市街を
一望でき、朝靄の中、丘の先に遠くのモスクのシルエットが
見えたりとてもきれいな風景でした。
c0056957_15528100.jpg




テラスから眺めているとナイジェリアの黒人に話しかけられ、
旅行の話などしましたが、黒人でも肌がてかって黒光りしている
タイプの人は、威圧感があって少し恐い感じでした。

今日は、午後から出国なので、近場のグランバザールを
散歩する事にしました。屋根が付いていて太陽が当たらないのが、
熱中症あけの体にはやさしく丁度良い感じ。
c0056957_1553829.jpg

アクセサリーや骨董品、服屋、お土産屋など雑然と並んでいて
賑わっていましたが、旅も終盤で疲れていて、早々、チャイ屋に退避。
真夏に熱いお茶を飲むお爺ちゃんなど正気じゃないと思ってましたが、
この旅では温かいチャイをいつも飲んでる自分。。。年とったのかな...(汗)
でも淹れたてのチャイは、甘さと渋さが絶妙でとても美味しいんです。
このお店の壁には、ヘンテコおじさん達が描かれていて、
なんだが微笑ましい感じで、チャイを飲む間ずっと眺めていました。
c0056957_15534484.jpg

c0056957_1554577.jpg

c0056957_15543960.jpg

ランチは、名前に惹かれてMozaicというレストランに入りました。
注文も名前に惹かれて、ラムが苦手なのに、ラムの文字がちらつく
ZuZu Sultan(スルタンの好物)を注文。
いろいろにぎやかに料理が運ばれてきましたが、メインはやっぱり
苦手なラム...ですが、においがまったく気にならず、
美味しく食べる事ができました。こちらでは、飼料ではなく、
ハーブや牧草を食べて育つので、きついにおいなどは付かないようです。

その後、本屋さんで、トルコ辺境にあるZEUGMA,ANTIOCHの
モザイク画が載っている本を購入し、ホテルに戻り
今回の旅行も無事に終了。

--- 簡単な後書き ---

2006年8月からスタートした旅行記も、
2010年9月完了と4年もかかりましたが、
なんとか、書き終える事が出来て良かったです。

こんなにボリューム多く旅行の内容を文章に残す事は、
もうないと思います。最初で最後ですね。

せっかくなので、ブログの記事を製本出来るサービスが
あるそうなので、利用してみようと思います。

 チュニジアでの熱中症で、息絶えなくてホント良かったと
 いまだに思います。
 また、モザイク画の魅力いっぱいの旅でした. 満喫しました.
[PR]
by kenek7974 | 2010-09-23 15:57 | チュニジア・トルコ旅行
<< 乾徳山と秋空 チュニジア,トルコ 旅行記 -... >>