雑誌紹介-芸術新潮1月号(大特集シチリアの秘密)-
モザイク画が掲載されている雑誌を発見したのでご紹介いたします.
c0056957_0252822.jpg
芸術新潮の1月号で,イタリアの突端,長靴のつま先に位置する
シチリア島について特集が組まれています.
 ギリシャ,ローマ,ビザンツ,イスラム古今東西の文化が乱反射
するシチリアの街をきれいな写真と記事で紹介されていて,シチ
リア永久保存版って感じです.雑誌を読み終わると趣の異なる
それぞれの街を島一周,ぐるっと巡った気分になります.
ますます一度訪れたい気持ちが強くなりました.
 街や遺跡,文化を紹介した記事もそこそこ面白いですが,
挿入されている写真がどれもすばらしく,海と山に面した
美しい街の写真,建築物の細部,絵画の写真満載です.
(雑誌の表紙は,チェルファーの美しい風景になっています.)

 モザイク画では,パレルモの教会,大聖堂のまばゆく輝く
キリスト等を描いた金地モザイク.天使の羽の色彩がきれいです.
 王宮の狩猟のモザイク画では,鼻デカ丸顔ライオンの困り顔や,
胴長のぶすっとしたヘラジカが描かれています.いびつな体型,
ヘンテコな顔の動物たちの古代人のセンスが面白く,これらの
モザイクに会うといつも笑ってしまいます.
 変わり種モザイク画では,ピアッツァ・アルメリーナの
古代ローマの別荘に描かれている帝国ビキニダンサーズ.
(ビキニ姿の数人の女性が競技?のような事をしている姿)

 その他では,サボテンの実がシチリアの名産とは驚いた.
緑,黄色,オレンジ,赤と色が変化していくようで,色とりどりの
サボテンの実たちが箱詰めされた写真が,とてもきれいでした.
スイカを薄めたような味とコメントされていましたが,
眺めるだけで,食べるのは遠慮したい感じです~
[PR]
by kenek7974 | 2006-01-13 00:34 | 読み物紹介
<< 柔肌のおじさん アケオメ! >>